全般 ~鉱山保安課・鉱害防止課~

TOPページ > 鉱山の保安

お知らせ


一覧ページ

業務紹介

中部近畿産業保安監督部(近畿支部を除く。)は、経済産業省の地方支分部局として全国に9箇所ある産業保安監督部(3支部、那覇事務所を含む)の一つで、中部5県(愛知・岐阜・三重・富山・石川)を管轄しています。

鉱山における危害・鉱害の防止、鉱物資源の合理的開発を図るため、鉱山保安関係法令遵守の指導・監督をはじめ、保安管理体制の指導等を行うとともに、鉱山保安法違反事項に対しては厳正に対処することとして臨んでいます。また、鉱害防止対策については、地方公共団体等関係機関と密接な連絡をとりつつ、協力して行っております。内部組織は、危害防止関係の業務を担当する「鉱山保安課」と鉱害防止関係の業務を行う「鉱害防止課」の2課で鉱山関係の業務を執行しています。

ページトップへ