火力発電所における水銀排出施設の規制について


お知らせ

 平成282月に水銀に関する水俣条約が締結されました。これを受けて大気汚染防止法等が改正され、平成3041日より水銀の排出規制が始まります。

 電気事業法の電気工作物についても、水銀排出施設は規制の対象となり届出が必要になります。

概  要

 ◆対象施設

 電気事業法の電気工作物であって、大気汚染防止法施行規則別表第3の3の中欄に掲げる施設の種類及び規模に該当する施設。(参考資料等のAを参照下さい)

      主な例:石炭火力発電設備(別表33 第12号)

          廃棄物焼却設備(別表33 第8号)

 ◆届出・期間

  @既設の場合

   ・届出期間:平成3041日〜30

   ・電気関係報告規則 第四条 表82号 に基づき届出が必要です。

    参考書式:電気関係報告規則四条表八の二(水銀)[WORD] [PDF]

      ※記載については、参考資料等のCを参考にして下さい。

      ※水銀に関する説明書でも結構です。

  A新設の場合(平成304月以降)

    ・工事計画届出書に「水銀に関する説明書」を添付して下さい。

 水銀に関する説明書は「公害防止関係資料の様式例について」をご覧下さい。

  http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/law/denjikokuji.html

 

参考資料等

  @環境省ホームページ(水銀大気排出対策)

    http://www.env.go.jp/air/suigin/post_11.html

  A大気汚染防止法施行規則の一部を改正する省令(平成28926日環境省令第22号)

    http://www.env.go.jp/press/103006.html

  B環境省リーフレット

    http://www.env.go.jp/air/suigin/shiryo/leaflet_mercury.pdf

  C大気汚染防止法の改正について(環境省説明会資料)

    http://www.env.go.jp/air/suigin/slide_mercury.pdf

  D水銀大気排出規制に関する主な質疑応答(平成292月):環境省HP

                  http://www.env.go.jp/air/suigin/170207QA.pdf

  E電気関係報告規則等の一部を改正する省令(平成29331日)

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2017/03/290331-1-2.pdf