自家用電気工作物の定義

自家用電気工作物設置者の義務


自家用電気工作物の定義

自家用電気工作物は、「電気工作物」の一部として、次のように定義されています。

電気工作物 一般用電気工作物(主に一般住宅や商店などの電気設備であって、低圧受電のもの及び小出力発電設備)
事業用電気工作物 電気事業の用に供する電気工作物(電力会社が使用する電気工作物)
自家用電気工作物(高圧、特別高圧で受電する電気設備など)

自家用電気工作物設置者の義務

自家用電気工作物も含め、事業用電気工作物の設置者には、主に次の3点の義務が課せられています。このほかには各種の報告や工事計画の事前届出などが求められています。

この3点の義務について解説した資料を用意しました。→電気工作物の自主保安について(pdf)